XM 出金方法・出金手数料まとめ

この記事ではXMの出金方法・出金手数料を解説します。

XM公式サイトはこちら

目次

XMの出金方法

国内銀行送金(日本)による出金

XMの国内銀行送金の詳細はこちら。

出金手数料無料(40万円未満だと2,500円)
利益出金できる
最低出金額1万円
着金の反映時間2~5営業日ほど

国内銀行送金は、手持ちの国内銀行口座からXMの(収納代行業者の)国内銀行口座に送金する方法です。XM側の出金手数料は基本無料ですが、出金額40万円未満だと2,500円の手数料が発生します。

XMで利益出金ができるのは国内銀行送金だけです。クレジットカードやオンラインウォレットサービスで口座入金した後は、国内銀行送金で利益出金しましょう。

注意点として以下の銀行口座はXMの出金先に指定できません。

  • ゆうちょ銀行
  • じぶん銀行
  • みずほ銀行(インターネット支店)
  • セブン銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 新生銀行

出金先として使うなら、振込手数料が無料になりやすい住信SBIネット銀行楽天銀行などがおすすめです。

XM公式サイトはこちら

クレジットカード/デビットカード(VISA)による出金

XMのクレジットカード・デビットカード出金の詳細はこちら。

出金手数料無料
利益出金できない
最低出金額500円
着金の反映時間1週間から1ヶ月ほど

クレジットカード・デビットカード出金はカード会社への払い戻し処理となります。XM側の処理は24時間以内に完了しますが、手続きの完了までは1週間から1ヵ月ほどかかることがあります。

またクレジットカード出金の上限額は入金額までとなります。利益分の出金は国内銀行送金で行いましょう。

XMのクレジットカード出金に関する注意点は2つ。

  1. カード入金してから3ヶ月経過していた場合、払い戻しできない
  2. JCBカードで入金していた場合、払い戻しできない

どちらのケースでも払い戻しができない場合は、国内銀行送金で残額を出金しましょう。

XM公式サイトはこちら

bitwallet(ビットウォレット)による出金

XMのbitwallet出金の詳細はこちら。

出金手数料無料
利益出金できない
最低出金額500円
着金の反映時間即時反映

XMはbitwallet出金にも対応しています。bitwalletは海外FXでお馴染みのオンラインウォレットサービスで、XMTradeviewFBSなどのブローカーに対応しています。

ただしXMではbitwalletによる利益出金はできません。利益出金は国内銀行送金で行いましょう。

XMのbitwallet出金に関する注意点は2つ。

  1. 日本円口座にしか対応していない(ドル・ユーロ口座は非対応)
  2. 過去にクレジットカード入金していた場合は、クレジットカード出金(払い戻し)が優先される

XM公式サイトはこちら

STICPAY(スティックペイ)による出金

XMのSTICPAY出金の詳細はこちら。

出金手数料無料
利益出金できない
最低出金額500円
着金の反映時間即時反映

XMはSTICPAY出金にも対応しています。出金手数料はXM側だと無料ですが、利益出金には対応しておらず、国内銀行送金で行う必要があります。

STICPAYはbitwalletの次ぐらいに有名な海外FX向けのオンラインウォレットサービスです。ただ銀行送金時の出金手数料が高いため、bitwalletより利用優先度は低めです。(800円+送金額の2%)

STICPAY出金が利用できるのは、STICPAYで入金した時のみです。過去にSTICPAYで入金したことがない場合、STICPAYで出金できません。

注意点としてSTICPAYの出金手数料が無料になるのは、XMからSTICPAYアカウントに出金した時です。STICPAYアカウントから銀行口座に出金するときは、出金手数料「800円+送金額の2%」が発生します。(STICPAYの入出金手数料

XM公式サイトはこちら

BXONE(ビーエックスワン)による出金

XMのBXONE出金の詳細はこちら。

出金手数料無料
利益出金できない
最低出金額500円
着金の反映時間即時反映

XMはBXONE出金にも対応しています。XM側の出金手数料は無料で、最低出金額も500円と低めですが、利益出金には対応していません。

BXONEは海外の仮想通貨取引所でありながら、日本円出金も可能なオンラインウォレットサービスです。最大のメリットは仮想通貨送金にも対応していることで、例えば仮想通貨トレードで稼いだお金をXM運用することもできます。

BXONEから国内銀行送金するときの出金手数料は500円と非常に安く、bitwallet・STICPAYが使えなくなった時の切り替え先として候補に入ります。(BXONEの入出金手数料

注意点としてXMのBXONE出金は日本円口座にしか対応していません。

XM公式サイトはこちら

XMの出金手数料

XMの出金手数料はこちら。

出金方法出金方法
国内銀行送金(日本)無料(40万円未満なら2,500円)
クレジットカード・デビットカード無料
bitwallet(ビットウォレット)無料
STICPAY(スティックペイ)無料
BXONE(ビーエックスワン)無料

XMの出金手数料は基本無料です。例外として国内銀行送金での出金額が40万円未満の場合、XM側で2,500円の手数料が発生します。

なお上記の表はXMから出金したときの出金手数料です。他のオンラインウォレットサービスから国内銀行口座に出金する時は、それぞれのプラットフォームごとの出金手数料が発生します。

XM公式サイトはこちら

XMの出金後の着金時間・反映時間

XMでの着金時間・出金反映時間はこちら。

出金方法出金の反映時間
国内銀行送金(日本)2~5営業日ほど
クレジットカード・デビットカード1週間から1ヶ月ほど
bitwallet(ビットウォレット)即時
STICPAY(スティックペイ)即時
BXONE(ビーエックスワン)即時

国内銀行送金で出金すると反映までに数時間から数日かかり、クレジットカード・デビットカードで出金するとカード会社によって1週間から1ヶ月ほどかかります。

それに対してbitwalletやSTICPAY、BXONEなどのオンラインウォレットサービスの場合は、出金手続きをすると即時あるいは数時間以内に反映されることが多いです。

XM公式サイトはこちら

XMの最低出金額・出金上限額・利益出金

XMの最低出金額・出金上限額・利益出金はこちら。

出金方法最低出金額出金上限額利益出金
国内銀行送金(日本)1万円制限なしできる
クレジットカード・デビットカード500円入金した金額までできない
bitwallet(ビットウォレット)500円入金した金額までできない
STICPAY(スティックペイ)500円入金した金額までできない
BXONE(ビーエックスワン)500円入金した金額までできない

国内銀行送金の最低出金額は1万円とやや高めですが、クレジットカード出金やオンラインウォレット出金だと最低額は500円と低めです。

ただクレジットカード・オンラインウォレット出金は利益出金ができないため、まとまった金額を入出金するなら国内銀行送金を使ったほうがいいです。

XM公式サイトはこちら

XMの出金ルール・出金時の注意点

ここからはXMの出金ルール・出金時の注意点をまとめておきます。

入金・出金の経路は同じにすること

XMに限らず海外FXで入金・出金するときは、それぞれの資金経路を同じにしておきましょう。

例えば国内銀行送金で入金したら、出金も国内銀行送金で行います。同じようにクレジットカードで入金したときも、入金額まではクレジットカードの払い戻しで出金します。(利益分は国内銀行送金で出金する)

これはマネーロンダリング対策の一環で、例えば不正入手したクレジットカードで入金して口座出金されるのを防いだりします。

XM公式サイトはこちら

利益出金できるのは国内銀行送金のみ

XMで利益出金できるのは国内銀行送金のみです。

クレジットカードやオンラインウォレットサービスで入金し、トレードで利益を出して入金額以上の資金を出金する場合、利益分の出金は国内銀行送金で行います。

デビットカードやクレジットカードで入金した場合、同カードへ出金できるのは入金額と同額のみです。

利益が出た場合などには、当社が提供する他の決済方法を利用して出金することができます。詳細については、会員ページの「入金」セクションをご覧ください。

XM「ヘルプセンター→クレジットカードやデビットカードでの入金額を超える金額を出金申請した場合はどうなりますか?」

例えばクレジットカードで10万円入金して、トレードで5万円の利益を出したら、入金分の10万円はクレジットカードの払い戻しで出金しますが、利益分の5万円は国内銀行送金で出金します。

XM公式サイトはこちら

出金経路には優先順位がある(複数の経路で入金した時のみ)

XMで複数の経路で入金した場合、出金順には以下のような優先順位があります。

  1. クレジットカード/デビットカード
  2. オンラインウォレット(bitwallet、STICPAY、BXONE)
  3. 国内銀行送金(日本)

それぞれ3つの方法で入金した場合、まずクレジットカード・デビットカードの出金が優先され、その後にオンラインウォレットの出金、最後に国内銀行送金と利益出金ができるようになります。

お客様の資金の安全性を確保するために、全ての出金は、入金元にお戻しする必要があります。例えば、クレジットカード/デビットカードで入金された場合、出金リクエストは同カードにご資金をお戻しする必要があります。その後、他の方法での出金リクエストを行っていただけます。

XM「ヘルプセンター→複数の決済方法で入金した場合の出金はどうなりますか?」

XMで出金するにあたってこれらの優先順位を覚えておく必要はありません。XMで国内銀行送金の出金手続きをすれば、自動的に「クレジットカード→オンラインウォレット→国内銀行送金」の順番で出金処理されるからです。

XM公式サイトはこちら

SWIFTコードのない銀行へは出金できない

XMでは以下のSWIFTコードのない銀行は出金先に選べません。(SWIFTコード=SWIFT内で銀行を特定するためのコード)

  • ゆうちょ銀行
  • じぶん銀行
  • みずほ銀行(インターネット支店)
  • セブン銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 新生銀行

XMの出金先としては、振込手数料が安い住信SBIネット銀行楽天銀行などが選択肢に入ります。

XM公式サイトはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXの運用額が100万円以下なら、裁量トレードがおすすめ。トレンド相場ではピラミッディング、レンジ相場ではナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

裁量トレードの始め方はこちら。

運用額が100万円から300万円ほどなら、EA自動売買がおすすめ。エントリー・決済を自動化できるため、FXの収益化が楽になります。

運用EAは無料EA「Grid EA Pro」がおすすめ。MQL5アカウントを持っていれば無料ダウンロードできます。無料グリッドEAの中では収益性・リスクリワードがトップクラスです。

Grid EA Proの使い方はこちら。

運用額が300万円以上なら、スワップアービトラージがおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日数万円の利益を出し続けることができます。

スワップアービトラージのやり方はこちら。

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次