XM 口座休眠/凍結ルール・口座維持手数料まとめ

この記事ではXMの口座休眠/凍結ルール・口座維持手数料を解説していきます。

XM公式サイトはこちら

目次

XM 口座休眠の条件:90日間放置

XMで取引口座を90日以上放置すると、口座休眠状態になります。

口座休眠状態になると、以下のペナルティが発生します。

  • 毎月10ドルの口座維持手数料が発生する
  • 入金ボーナスが消失する
  • XMポイントも消失する

口座維持手数料については以前は5ドルだったのが10ドルになっています。2024年7月のレートだとドル円は160円になるため、口座維持手数料は毎月1,600円ほどです。

入金ボーナスはXMの取引で使える損失カバー機能付きボーナスのこと。XMポイントはロイヤルティプログラムで獲得できるポイントで、入金ボーナスと交換できます。

スタンダード口座・マイクロ口座はスプレッドが広めなので、入金ボーナスやXMポイントで取引コストを回収することが前提になります。これら2つの特典を失いたくないなら、こまめに入出金・資金移動をしておきましょう。

なおここでの「放置」とは、入出金・資金移動・FX取引など資金的な動きがない状態を指します。会員ページログイン、デモ口座取引、リミット注文・ストップ注文(設置のみ)は資金的な動きになりません。

XM公式サイトはこちら

XM 口座休眠の解除方法:入出金・資金移動・FX取引

口座休眠状態は、入出金・資金移動・FX取引など資金的な動きをすることで解除できます。会員ページログイン、デモ口座取引、リミット注文・ストップ注文の設置では解除できません。

ただ口座休眠状態を解除したとしても、消えてしまったボーナスやXMポイントは戻ってきません。XMの特典を失いたくないなら、90日に1回は入出金・資金移動・FX取引をして口座アクティブ状態を維持しましょう。

XM公式サイトはこちら

XM 口座凍結の条件:残高ゼロで90日間放置

XMでは取引口座を残高ゼロのまま90日間以上放置すると、口座凍結状態になります。

口座凍結のペナルティはこちら。

  • 取引口座が削除される
  • XM会員ページにログインできなくなる
  • 入金ボーナスが消失する
  • XMポイントも消失する

XMで口座凍結になると、取引口座が削除された上で、XM会員ページにもログインできなくなります。

会員ページで追加口座開設もできなくなるため、XMで取引を再開する場合は、XMの新規口座開設フォームから新しく口座を作り直す必要があります。

それ以外のペナルティは口座休眠とほぼ同じです。取引口座に付与されているボーナスクレジット、ロイヤルティプログラムで獲得できるXMポイントも消えてしまいます。

XM公式サイトはこちら

XM 口座凍結の解除方法:なし

XMの口座凍結を解除する方法はありません。新しく口座を作り直しましょう。

口座凍結後はXM会員ページにログインできないため、追加口座開設もできません。XM新規口座開設ページで新しく口座を作り直しましょう。

なおXMのアカウントは1つのメールアドレスにつき1アカウントだけなので、新しく口座をアカウントを作り直す場合は、別のメールアドレスを使う必要があります。

メールアドレスがGmailなら、エイリアス機能がおすすめ。異なるメールアドレスとして登録できますが、既存のメールアドレスで受信することができます。(Gmailエイリアスの使い方

XM公式サイトはこちら

XMの口座維持手数料:月10ドル

XMで口座休眠になると、毎月10ドルの口座維持手数料を徴収されます。 数年前までは口座維持手数料は月5ドルだったのですが、最近は10ドルと2倍になっています。

B-book海外FXブローカーの口座維持手数料は月5ドルが相場となっていますので、10ドルは割高な印象です。日本円・ユーロ口座の場合は10ドルに相当する金額が取引口座から徴収されます。

XM公式サイトはこちら

XMで口座休眠・口座凍結・口座維持手数料を回避する方法

方法1:90日に1回、最小ロット(0.01ロット)で取引する

1つ目の方法は、90日に1回だけ最小ロットの0.01ロットで取引すること。0.01ロット取引してすぐにポジションを決済すれば、損失は100円ほどに抑えられます。

XM公式サイトはこちら

方法2:追加口座を開設し、90日に1回だけ資金移動する

2つ目の方法は、追加口座を開設して、90日に1回だけ資金移動すること。取引口座を2つ以上保有する必要はありますが、MT4/MT5にログインしなくても口座アクティブ状態を維持できます。

XM公式サイトはこちら

方法3:EA自動売買で取引を自動化する

3つ目の方法は、EA自動売買で取引を自動化すること。一般的なEAであれば90日に1回以上は取引をするはずです。

ただEA自動売買をするには月額3,000円ほどのVPS(仮想専用サーバー)を契約する必要があり、口座維持のためだけにEA運用するのは割に合わないです。

XM公式サイトはこちら

方法4:スワップアービトラージでポジションを保有したままにする

4つ目の方法はスワップアービトラージをすること。特にXM KIWAMI口座はスワップフリー口座なので、スワップアービトラージと相性が良いです。

ポジションを保有している期間はトレード日数にカウントされるため、ポジションを持ったまま放置していても口座放置ペナルティを受けることはありません。

XM公式サイトはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXの運用額が100万円以下なら、裁量トレードがおすすめ。トレンド相場ではピラミッディング、レンジ相場ではナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

裁量トレードの始め方はこちら。(XMで始める/AXIORYで始める/Tradeviewで始める

運用額が100万円から300万円ほどなら、EA自動売買がおすすめ。エントリー・決済を自動化できるため、FXの収益化が楽になります。

運用EAは無料EA「Grid EA Pro」がおすすめ。MQL5アカウントを持っていれば無料ダウンロードできます。無料グリッドEAの中では収益性・リスクリワードがトップクラスです。

Grid EA Proの使い方はこちら。(XMで始める/AXIORYで始める/Tradeviewで始める

運用額が300万円以上なら、スワップアービトラージがおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日数万円の利益を出し続けることができます。

スワップアービトラージのやり方はこちら。(XMで始める/AXIORYで始める/Tradeviewで始める

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次