おすすめの海外FX業者は?
初めての海外FXは、LAND-FXがおすすめ

最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドもUSD/JPY 0.8 pipsと狭く、デイトレードにも最適。
詳しくは公式サイトへ↓

LAND-FXで口座開設

XMの口座開設方法は? 手順をわかりやすく解説します

XM

XMは海外FX業者の中で知名度が高く、日本人の利用者も多いです。海外FXが初めての方は、まずXMから口座開設しましょう。

ただ海外FXの口座開設は、国内FXと勝手が違います。サービスも日本人向けに特化しているわけではないので、 わかりにくいところもあるでしょう。

そこでこの記事では、XMの口座開設方法をわかりやすく解説することにしました。

 

XMの口座開設方法・手順

XMで口座開設するには、まず公式サイトの「口座開設ページ」にアクセスします。

口座開設ページに移動すると、入力項目がたくさん表示されるので、少しずつ埋めていきます。

入力する項目が多いので、手順ごとに分けて見ていきましょう。

 

手順1、個人情報を入力する(ローマ字)

まずは個人情報の入力から。名前はローマ字入力しましょう。

それ以外に入力する項目は以下の通り。

  • 下のお名前:(例)Taro
  • 姓:(例)Yamada
  • 居住国:Japan
  • 希望言語:日本語
  • 電話:+8180-1234-5678(最初の0を省略して入力)
  • Eメール:kaifx@gmail.com

 

手順2、取引口座を選択する

次は取引口座タイプを選択します。

プラットフォームと口座タイプを選びましょう。選択肢は以下の通り。

トレードスタイルに合わせて好きなものを選びましょう。

プラットフォームと口座タイプの違いは、次の項目で詳しく見ていきます。

 

MT4とMT5、どっちがおすすめ?

XMの取引プラットフォームは「MT4・MT5」の2種類です。

違いは以下の通り。

  • MT4:インディケーターと自動売買の種類が多い
  • MT5:動作が速く、スマホアプリが使いやすい

EA自動売買がメインならMT4、スマホでの取引がメインなら動作に早いMT5がおすすめ。

MT4とMT5の違いについては「XMの取引ツールまとめ」をご覧ください。

 

口座タイプはどれがおすすめ?

口座タイプは3種類あり、主な特徴は以下の通りです。

スタンダード口座は全体的なバランスが良く、XMを初めて利用する人におすすめ。

マイクロ口座は1ロット通貨量が1,000通貨と少なく、少額トレードに向いています。

XM Zero口座はスプレッドが非常に狭いため、スキャルピングトレードと相性がいいです。

口座タイプの違いについては「XMの口座タイプまとめ」をご覧ください。

 

取引口座の選択が終わったら、緑ボタン「ステップ2へ進む」をクリックして、入力フォームの2ページ目に進みます。

 

手順3、個人情報を入力する(カタカナ)

2ページ目に進んだら、もう一度お名前と生年月日を入力します。

今回はお名前をカタカナで入力しましょう。

  • 下のお名前:(タロウ)
  • 姓:(ヤマダ)
  • 生年月日:1/1/1991

 

手順4、住所詳細を入力する(ローマ字)

名前の入力が終わったら、住所を入力します。入力する項目は以下の通り。

  • 都道府県:Osaka
  • 番地・部屋番号:
  • 区町村・町名:Osaka-city, Kita-Ku
  • 郵便番号:533-0000
  • 納税義務のある米国人ですか?:いいえ

住所はローマ字で入力しましょう。

ローマ字の住所を調べるのが面倒なら、「JuDress」や「君に届け」などのサービスを使うと便利です。郵便番号を入力するだけで、自動でローマ字の住所を出力してくれます。

また「納税義務のある米国人ですか」という質問には、必ず「いいえ」と答えましょう。海外FX業者は基本的に米国人向けの口座を作れないからです。

 

手順5、取引口座詳細を入力する(基本通貨・レバレッジなど)

次は取引口座の詳細を入力します。入力する項目は3種類。

  • 口座の基本通貨:JPY
  • レバレッジ:1:888
  • 口座ボーナス:はい、ボーナスの受け取りを希望します

口座の基本通貨は「日本円(JPY)」にしましょう。口座残高が日本円表記になり、ぱっと見で分かりやすくなるからです。

レバレッジは「888倍」がおすすめ。レバレッジが高ければ高いほど、必要証拠金が少なくなります。

ボーナスの受け取りは「はい、ボーナスの受け取りを希望します」を選びましょう。ボーナスはもらっておいて損しませんから。

 

手順6、投資家情報を入力する(投資額・所得など)

次は投資家情報を入力します。入力する項目は以下の通り。

  • 投資額(USD):5〜20.000ドル
  • 所得総額(米ドル)
  • 純資産(米ドル)
  • 学歴
  • 取引の目的および性質
  • 雇用形態
  • 職種

この中で1番重要な項目は投資額。

投資額は5〜20,000ドルを設定しましょう。投資額は2万ドル以上に設定すると、レバレッジが200倍に制限されます。

取得や純資産は少なくてもOK。海外FXは審査がゆるいので、資金が少ない人でも簡単に口座開設できます。

 

手順7、口座パスワードを作成・利用規約に同意

口座パスワードを設定し、利用規約に同意します。

パスワードは大文字・小文字・英数字の3種類の文字を含めたものであり、かつ8文字から15文字ぐらいの長さであること。

利用規約の確認は、チェックボックスをクリックしてチェックを入れるだけです。

作業が終わったら、緑ボタン「リアル口座開設」をクリックしましょう。

 

手順8、XMから届くメールを確認する(メール1通目)

リアル口座開設が完了すると、登録したメールアドレスにメールが届きます。Eメールを認証するためですね。

メールが届いたらすぐに、赤ボタン「Eメールアドレスをご確認下さい」を押して、認証を済ませましょう。

認証リンクは24時間のみ有効で、これを過ぎると登録し直しになります。

 

手順9、XMから認証完了メールが届く(メール2通目)

メール認証が終われば、口座開設は完了です。

2通目に届くメールに、MT4・MT5口座のIDが記載されています。IDと登録時のパスワードを入力すれば、会員ページにログインできるようになります。

会員ページでは、XMアカウントの管理や、入金・出金の管理、レバレッジ変更などを行うので、IDとパスワードは忘れないようにしましょう。

口座開設後もやることはまだありますので、次の項目で詳しくお話しします。

 

口座開設の後にやること

ここまでXMの口座開設手順を詳しく説明してきました。ただ口座を開設しても、すぐに FXトレードが始められるわけではありません。

少なくとも以下の3つの手続きは必要です。

  • 口座有効化
  • 口座への入金
  • 取引ツールのダウンロード

ここからは口座開設後にやるべきことを述べていきます。

 

口座有効化(本人確認書類の提出が必要)

XMで口座を開設してから真っ先にやるべきことは、口座有効化です。

口座を有効化して初めて、XMへの入金・リアルマネートレードができるようになります。

方法は簡単で、会員ページに2種類の本人確認書類をアップロードするだけ。

  • 身分証明書(運転免許証、マイナンバーカードなど)
  • 住所確認書類(健康保険証、公共料金の支払い明細、住民票の写しなど)

また口座有効化することで、3,000円の口座開設ボーナスがプレゼントされます。

 

XM口座への入金(銀行入金がおすすめ)

XMの口座を有効化したら、 次はXMの「会員ページ」で入金手続きを済ませます。

XMの入金方法には、銀行入金、クレジットカード・デビットカード入金、bitwallet入金、SticPay入金などがあります。

1番のおすすめは銀行入金。入金額以上の出金ができ、資金を増やした後の出金手続きがスムーズになるからです。

ただ出金するときに5,000円くらいの手数料がかかるので、手数料の安い銀行口座を使いましょう。

 

口座開設ボーナス・入金ボーナスの受け取り確認

XMは3種類のボーナスを実施しています。

  • 3,000円の口座開設ボーナス
  • 最大5万円の100%入金ボーナス
  • 最大45万円の20%入金ボーナス

口座開設や入金手続きが終わったら、ボーナスが付与されているか確認しましょう。

XMのボーナスは、受け取るのに特別な手続きは不要で、口座開設や入金が終われば自動でボーナスが付与されます。

ただしXM Zero口座では、入金ボーナスが付与されないのでご注意ください。

 

取引ツール・プラットフォーム(MT4/MT5)のダウンロード

XMでトレードをするには、取引ツール「MT4・MT5」をダウンロードする必要があります。

口座を開設するときにMT4口座・MT5口座のどちらかを選んでいるなので、口座と同じプラットフォームをダウンロードしましょう。

対応デバイスは以下の通り。

  • パソコン(Windows/Mac)
  • Webブラウザツール
  • スマホ・タブレット(iPhone/iPad/Android)

またXMはスマホアプリ「MT4・MT5・オリジナル」にも対応しています。アプリの違いについては「XMの対応アプリまとめ」をご覧ください。

またパソコン版のMT4とMT5の違いについては「XMの取引ツールまとめ」をご覧ください。

 

XM口座からの出金(銀行出金がおすすめ)

トレードに資金を増やしたら、会員ページから出金手続きをしましょう。

口座内に資金がたくさん残っていると、万が一大変動に巻き込まれたときに、口座内の資金を失うリスクがあります。

出金方法は銀行出金、クレジットカード出金、bitwallet出金、SticPay出金など。

おすすめは銀行出金。利益出金ができ、セキュリティが盤石で、サービスが改悪されにくいからです。

 

XM口座開設に関するよくある質問

ここからはXM口座開設時のよくある質問にお答えします。

 

XMから電話がかかったり、郵送物が届いたりする?

電話もありませんし、郵送物が届くこともありません。

私自身XMで口座開設しましたが、そういったことは今まで一切ないです。

XMに連絡するときは、メールが基本です。わからないことがあれば、サポートデスクに連絡しましょう。

 

口座開設時にマイナンバーは必須?

口座開設時にマイナンバー登録する必要はありません。

XMも含めた海外FX業者は、金融庁の認可を受けていないため、マイナンバーを提出する義務はないのです。(国内FX業者はマイナンバー提出が必須)

ただ最近はマネーロンダリング対策の一環で、海外FXの規制も厳しくなっており、マイナンバーの提出が義務付けられるかもしれません。

少なくとも今現在ではマイナンバーを提出する必要はないです。

 

口座開設ボーナスを受け取るには?

XMでは口座開設すると3,000円のボーナスがもらえるとされています。

ただ実際は口座開設だけでは不十分で、その後口座有効化させる必要もあります。

口座有効化するには、会員ページから身分証明書と住所確認書類をアップロードしましょう。

 

口座開設に必要な書類は?

XMでリアルマネートレードをするには、身分証明書と住所確認書類のアップロードが必要です。

身分証明書として使える書類は以下の通り。

  • 運転免許証(住所証明書と併用できない)
  • マイナンバーカード(住所証明書と併用できない)
  • パスポート
  • 写真付きの住基カード
  • 障害者手帳

住民証明書として使える書類は以下の通り。

  • 運転免許証(身分証明書と併用できない)
  • マイナンバーカード(身分証明書と併用できない)
  • 健康保険証

これらの他に住民票や公共料金の請求書なども利用できます。

  • 住民票
  • 印鑑証明書
  • 公共料金請求書・領収書(電気/ガス/水道)
  • 固定電話・携帯電話料金請求書
  • クレジットカード/銀行利用明細書
  • 納税通知書などの租税通知書

ただしこれらは発効日より6ヶ月以内であることが条件です。

 

スマホでも口座開設できる?

XMならスマホでも口座開設は可能です。

取引ツールもMT4・MT5アプリを使えば、パソコンと同じようにFXトレードができます。

ただしアプリのMT4・MT5では、EA自動売買ができません。EA自動売買はパソコン版だけが使えます。

 

まとめ:XMは口座開設が簡単で、初心者でも作りやすい

XMは日本人利用者が多く、使い勝手の良い海外FX業者です。サイトデザインも分かりやすく、直感的に口座開設できるでしょう。

FXベテラン勢からは手数料が高いと不満の声はあるものの、やはり海外FX初心者はまず使い勝手の良いXMから慣れるべきです。

さらに口座開設で3,000円のボーナス、5万円入金をすれば5万円分の入金ボーナスまでもらえます。資金の少ない人には心強いでしょう。

XMの口座開設は、新規口座開設ページから行えます。

 

海外FXが初めてなら、XMはおすすめ

海外FXが初めての人なら、XMはおすすめ。(XMの評判は?

ボーナスが豊富で、少ない資金でも収益性の高いトレードが楽しめるからです。

  • 3,000円の口座開設ボーナス
  • 5万円の100%入金ボーナス
  • 45万円の20%入金ボーナス

さらに取引ツールは「MT4・MT5」に対応しており、EA自動売買にも挑戦できます。

欠点はスプレッド・取引手数料が少し高いことですが、デイトレード・スイングトレードなら気にならないレベルです。

詳しくはXM公式サイトをご覧ください。

XM公式サイトはこちら

この記事を書いた人
むれ

海外FXの情報を発信しているトレーダーです。
サイト運営やSEO、サイトデザインも大好きです。

むれをフォローする
おすすめ海外FXランキング
LAND-FX

トレード資金が少ない人には、LAND-FXがおすすめ。
最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドも狭く(USD/JPY 0.8 pips)、デイトレードと好相性。

AXIORY

少額でスキャルをするなら、AXIORYがおすすめ。
最低入金額が2万円と低く、レバレッジは400倍と高め。
スキャル向け取引ツール「cTrader」に対応。

Tradeview

取引コストを極限まで抑えたいなら、Tradeviewがおすすめ。
ECN手数料が1ロット往復5ドルと、最安値クラス。
取引ツールはMT4/MT5/cTrader/CURRENEXの4種類。

XM
むれをフォローする
海外FX大全
タイトルとURLをコピーしました