海外FXの稼ぎ方・おすすめ運用口座まとめ

海外FXの稼ぎ方として、資金額とリスクを反比例させるのが基本です。資金額が少なければハイリスクなトレード手法を、資金額が多ければ低リスクなトレード手法を採用します。

具体的には資金が100万円以下なら裁量トレード、資金が100万円から300万円ならEA自動売買、資金が300万円から1,000万円ならスワップアービトラージがおすすめです。(資金1,000万円以上なら国内業者を使う)

運用ブローカーについては、運営歴が10年以上と長めで、資金枯渇リスクが低いものを選びましょう。具体的にはXMAXIORYTradeviewがおすすめです。

この記事では海外FXの稼ぎ方・おすすめ取引口座を紹介していきます。

目次

資金100万円以下:裁量トレード

海外FXの運用額が100万円以下なら、裁量トレードがおすすめ。トレンド相場ではピラミッディング、レンジ相場ではナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

運用通貨ペアについては、利益率を重視するならボラティリティの激しいゴールド(XAUUSD)・ポンド(GBPUSD/GBPJPY)、安定性やリスクリワードを重視するなら取引コストが低くてボラティリティが中程度なユーロドル(EURUSD)がおすすめ。

時間足については、4時間足と日足がおすすめ。日足チャートで大まかな相場を把握し、4時間足チャートでエントリーポイントを厳選します。ただオーバーシュート直後は日足EMAが機能しないので、4時間足チャートをメインに使います。

海外FXの醍醐味は、高いレバレッジでハイリスクなトレードができることにあります。資金100万円以下で大きな利益を得たいなら、裁量トレードを採用しましょう。

裁量トレードの始め方はこちら。

裁量トレードのおすすめ口座

裁量トレードはハイリスク運用を想定しているため、レバレッジの高い口座を選びましょう。トレードの快適さにこだわるなら、cTrader口座もおすすめです。

XM スタンダード口座(MT5)

裁量トレードが初めてなら、XM スタンダード口座がおすすめ。

運用額が10万円前後なら、3種類のボーナスで証拠金を大幅に増やせます。

ただしXMのボーナスは資金10万円/1.0ロットなどのハイリスク運用をすると、ボーナスアービトラージの疑いを受けてボーナスを没収されるリスクがあります。運用ロットは10万円/0.1ロットを目安とし、それを3段から5段のナンピン・ピラミッディングでしましょう。

またXMは最大レバレッジが1000倍と非常に高く、ドル円の必要証拠金も1ロット100ドルに抑えられます。証拠金維持率ギリギリのハイリスクトレードをしてもロスカットされにくいです。

海外FX初心者の方はXM スタンダード口座+3種ボーナスで実践練習しましょう。

XM スタンダード口座の詳細は、XM「取引口座タイプ」で確認できます。

XM公式サイトはこちら

XM KIWAMI口座(MT5)

XMの100%入金ボーナスを使い切ったら、次の運用口座はXM KIWAMI口座がおすすめ。

KIWAMI口座は入金ボーナス・ロイヤルティプログラムには対応していませんが、スワップフリーを提供しており、ポジション保有期間の長いスイングトレードの取引コストを節約できます。

裁量トレードのFX通貨ペアは、XAUUSD、GBPUSD、GBPJPY、USDJPY、EURUSDなどのメジャー銘柄です。どれもスワップフリー対象銘柄です。

逆にトルコリラ、南アフリカランド、大部分のCFD銘柄はスワップフリーが使えないため、スイングトレードをするときは注意が必要です。

またKIWAMI口座は他の口座タイプよりも取引コストが低く、運用ロット・取引回数が大きいほど、利益率が向上します。資金50万円から100万円で裁量トレードをするなら、スタンダード口座よりKIWAMI口座を選びましょう。

XM KIWAMI口座の詳細は、XM「取引口座タイプ」で確認できます。

XM公式サイトはこちら

AXIORY ナノ口座(cTrader)

快適に裁量トレードをしたいなら、AXIORY ナノ口座(cTrader)がおすすめ。

AXIORYは高性能FXプラットフォーム「cTrader」に対応しており、メタトレーダーよりも裁量トレード向けの便利機能が備わっています。

cTraderの主な便利機能はこちら。

  • ドラッグ操作でリミット・ストップ注文を設置できる
  • ドラッグ操作でトレーリングストップが行える
  • パソコンの上下ボタンで時間足を切り替えられる
  • パソコンのCommanf+左右キーで表示チャートを切り替えられる
  • チャート横に経済指標カレンダーを表示できる(日本時間対応)
  • 夜間の目に優しいダークモード対応

特にリミット注文・ストップ注文などの予約注文をドラッグ操作で設置できるため、メタトレーダーの時よりもナンピン・ピラミッディングが快適になります。

AXIORY自体もレバレッジは400倍と標準的で、ストップアウトも20%と低めなため、ややハイリスクなトレードはしやすいです。ただAXIORYはゴールド銘柄レバレッジが100倍なので、ゴールド取引をするときはロットを小さくする必要があります。

もう1つ注意点として、AXIORYのcTraderはcTraderコピーに対応していません。cTraderコピーでコピートレードをしたいなら、TradeviewのcTraderを使いましょう。

AXIORY ナノ口座の詳細は、AXIORY「口座→口座タイプ」で確認できます。

AXIORY公式サイトはこちら

Tradeview cTrader口座

裁量トレードの取引コストを最小限まで抑えたいなら、Tradeview cTrader口座がおすすめ。

スプレッドが非常に狭い上に、取引手数料も1ロット往復5ドルと業界最安値クラスなので、あらゆるトレードロジックで利益を出しやすくなります。

またTradeviewのゴールド銘柄レバレッジは200倍から500倍と高めなため(取引口座レバレッジに準拠する)、AXIORYよりもゴールドでハイリスクトレードしやすいです。

Tradeview cTrader口座の詳細は、Tradeview公式サイトで公開されていません。最大レバレッジは400倍、ストップアウトは100%、最小0.01ロット、取引手数料は1ロット往復5ドルであることは抑えておきましょう。

Tradeview公式サイトはこちら

資金100万円から300万円:EA自動売買

運用額が100万円から300万円ほどなら、EA自動売買がおすすめ。エントリー・決済を自動化できるため、FXの収益化が楽になります。

ただEA自動売買をするには月額3,000円のVPSを契約する必要があるため、資金10万円前後だとVPS費用で赤字になります。運用額は100万円以上を目安にしましょう。

おすすめ運用EA

運用EAは無料EA「Grid EA Pro」がおすすめ。MQL5アカウントを持っていれば無料ダウンロードできます。

Grid EA Proの無料ダウンロードリンクはこちら。

トレードロジックはロット倍率1.1倍のグリッド・マーチンゲール。ロット倍率が低めなため、実質的にはナンピンEAと言ってもいいです。(ロット倍率はパラメーターで変更可能)

また決済方法も複数用意されています。例えばトレーリングストップでストップロスをプラス方向に移動させて利益の最大化させたり、オーバーラップでストップロスをマイナス方向に移動させて損失を最小限に抑えたりもできます。

Grid EA Proの使い方はこちら。

EA自動売買のおすすめ口座

EAの運用口座は取引コストの低いMT4口座を選びましょう。MT5口座はおすすめしません。MT4のEAと互換性がなく、無料EAの選択肢も狭いからです。

XM KIWAMI口座(MT4)

グリッド・マーチンゲールEAを運用するなら、まずはXM KIWAMI口座がおすすめ。

レバレッジが1000倍と非常に高く、必要証拠金・含み損が大きくなりやすいマーチンゲールEAでもロスカットされにくいです。

またKIWAMI口座は一部銘柄でスワップフリーを提供しています。グリッドEAはポジション保有期間が3日から1週間以上と長くなりやすいため、マイナススワップを節約できるのは大きいです。

グリッド・マーチンゲールEAの運用銘柄は、ゴールド、ドル円、ポンド、ユーロドル、オセアニア通貨ペアなどが主流で、どれもXMではスワップフリーの対象銘柄です。

XM KIWAMI口座の詳細は、XM「取引口座タイプ」で確認できます。

XM公式サイトはこちら

AXIORY ナノ口座(MT4)

単一ポジションEAを運用したり、グリッド・マーチンゲールEAを低リスク・中リスク運用するなら、AXIORY ナノ口座(MT4)もおすすめ。

スプレッドが狭めで、取引手数料も1ロット往復6ドルと安い方なので、スキャEA以外の多くのトレードロジックで利益を出しやすいです。(マイナススリッページが生じるためスキャEAには不向き)

またAXIORYは会員ページが使いやすく、追加口座開設や資金移動もしやすいです。最大10口座まで開設できるため、MT4/MT5/cTraderと使い分けたりもできます。

レバレッジ1000倍から2000倍のマックス口座も提供していますが、こちらはおすすめしません。スプレッドが非常に広く、有効証拠金50万円以上だとレバレッジを大きく制限されるからです。

AXIORY ナノ口座の詳細は、AXIORY「口座→口座タイプ」で確認できます。

AXIORY公式サイトはこちら

Tradeview ILC口座(MT4)

EA自動売買の取引コストを最小限まで抑えたいなら、Tradeview ILC口座(MT4)がおすすめ。

スプレッドがAXIORY ナノ口座以上に狭く、取引手数料も1ロット往復5ドルと業界最安値クラスなため、ほとんどのトレードロジックで利益を出しやすくなります。

またTradeviewはA-bookブローカーなので、VDPによるブローカー側からの嫌がらせをされにくく、スキャEAでも利益を出しやすいです。

ILC口座のデメリットは、最大レバレッジが200倍と低めなこと、ストップアウトが100%と高めなこと、0.1ロット未満の取引ができないことです。

そのため1段目が0.1ロット未満で始まり、必要証拠金・含み損が大きくなりやすいマーチンゲールEAとは相性が悪いです。ただ「Grid EA Pro」のような低リスクなグリッドEAなら、資金20,000ドル/0.1ロットなどで運用できます。

ILC口座は取引コストが非常に低い代わりに、資本効率の高いハイリスクトレードができません。資金20,000ドルから30,000ドル以上の高額運用をすることが前提となります。

Tradeview ILC口座の詳細は、英語版Tradeview「Accounts」で確認できます。

Tradeview公式サイトはこちら

EA自動売買のおすすめVPS

EA自動売買をするなら、VPSも契約しましょう。VPSはオンラインでパソコン環境(WindowsOS)をレンタルできるサービスのこと。24時間EAを稼働し続けるなら必須です。

VPSはEA自動売買の生命線なので、信用度が高いところを選びましょう。海外FXブロッカーの無料VPSサービスは信頼性が低く、メモリ(RAM)も少ないためおすすめしません。

おすすめの月額有料VPSはこちら。

VPSサービス名称月額料金推奨プラン
WebARENA Indigo3,410円(税込)4GB
さくらのVPS4,730円(税込)4GB
CONTABO17.48ドル(2,400円相当)8GB

安定性を重視するならWebARENA Indigo、2週間の無料お試しから始めるならさくらのVPS、英語対応可能でコストパフォーマンスを重視するならCONTABOがおすすめ。

VPSのメモリ(RAM)については4GBを選びましょう。最近のWindowsOSが2.5GBを常時消費するため、2GB以下のプランだとクラッシュしやすくなるからです。

注意点として、国内VPSはリージョンが日本にあるため、海外口座でスキャEAを運用すると約定速度が遅くなります。海外口座でスキャEA・超高速売買をするなら、海外のVPSを使いましょう。

おすすめVPS(仮想専用サーバー)はこちら。

資金300万円以上:スワップアービトラージ

運用額が300万円以上なら、スワップアービトラージがおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日数万円の利益を出し続けることができます。

具体的なやり方としては、2つの海外口座に300万円から1,000万円の資金を入れておき、プラススワップのポジションを100ロット保有し、同じタイミングでマイナススワップの100ロットポジションを保有します。

プラススワップがマイナススワップを上回っているなら、1日1.0pipsほどの利鞘を稼げます。利幅が1.0pipsでもポジションが100ロットなら1日数万円の利益になります。

あるいはマイナススワップ口座をスワップフリー口座にすることで、マイナススワップのコストを踏み倒すこともできます。この場合はXM KIWAMI口座が代表例ですね。

スワップアービトラージは、チャートの値動きに関係なく安定して利益を出し続けられるため、精神衛生的にも優れたトレード手法です。資金に余力があるなら、1.0ロットからでも試してみましょう。

注意点として海外FXブローカーでは有効証拠金が多すぎると、レバレッジ制限を受けることがあります。運用額は多くても1,000万円までにしておきましょう。

運用口座レバレッジ制限になる有効証拠金
XM KIWAMI口座40,000ドル(1000倍→500倍)
AXIORY ナノ口座1,400万円(400倍→300倍)
Tradeview Xレバレッジ口座1,000万円(500倍→100倍)

スワップアービトラージのやり方はこちら。

スワップアービトラージのおすすめ口座

スワップアービトラージでは300万円から1,000万円以上の資金を入れるため、カウンターパーティーリスクが高くなります。できるだけ信頼性の高い老舗のブローカーを選びましょう。(XMAXIORYTradeviewなど)

XM KIWAMI口座

マイナススワップ側の運用口座は、XM KIWAMI口座がおすすめ。

KIWAMI口座はスワップフリーを提供しており、マイナススワップ側で高ロットポジションを保有しても、そのコストを踏み倒すことができます。

スワップフリーの対象銘柄は、メジャーFX通貨ペア・ゴールド・シルバーなど。トルコリラ・南アフリカランド・大部分のCFD銘柄はスワップフリー対象外です。

またKIWAMI口座はレバレッジが1000倍と非常に高く、ドル円100ロットの必要証拠金も150万円に抑えられます。これでレバレッジ400倍だと必要証拠金は400万円、レバレッジ25倍だと6,000万円になります。

スワップアービトラージ欠点は、100ロットポジションを持つことで必要証拠金が高額になること。その点でXM KIWAMI口座はレバレッジ1000倍を提供しているため、必要証拠金を低く抑えられます。

なおXMの最大レバレッジは有効証拠金が合計40,000ドルを超えると500倍に制限されます。合計口座残高が40,000ドル(600万円相当)に近づいたら、制限を受ける前に利益出金しておきましょう。

XM KIWAMI口座の詳細は、XM「取引口座タイプ」で確認できます。

XM公式サイトはこちら

AXIORY ナノ口座

プラススワップ側の運用口座は、AXIORY ナノ口座がおすすめ。

レバレッジは400倍と標準的で、ドル円100ロットの必要証拠金を400万円に抑えられます。ストップアウトも20%と低めなので、証拠金維持率ギリギリでもロスカットされにくいです。

またAXIORYはB-bookブローカーですが運営歴が13年と長めの老舗なので(2024年まで)、いきなり資金が枯渇して出金拒否・利益没収を連発したり、資金持ち逃げをするリスクは低いです。

AXIORYでスワップアービトラージをするなら、レバレッジ1000倍から2000倍のマックス口座の方が適任かもしれませんが、有効証拠金が50万円を超えるとレバレッジを大きく制限されるのでおすすめしません。

AXIORYの強みは、会員ページが使いやすく、口座間の資金移動がスムーズにできること。そのため裁量トレードやEA自動売買で得た利益を、スワップアービトラージ用の低リスク運用口座に移動させやすいです。

AXIORY ナノ口座の詳細は、AXIORY「口座→口座タイプ」で確認できます。

AXIORY公式サイトはこちら

Tradeview Xレバレッジ口座

プラススワップ側の運用口座としては、Tradeview Xレバレッジ口座もおすすめ。

最大レバレッジが500倍と高めで、100ロットポジションを保有しても必要証拠金を低めに抑えられます。

Xレバレッジ口座はスプレッドが広いデメリットがあるのですが、スワップアービトラージなら1回しか取引しないためそのデメリットも気にならないです。

またTradeviewのようなA-bookブローカーはプラススワップが高めに設定されている傾向があるため、B-bookブローカーよりスワップアービトラージで稼ぎやすくなります。

またTradeviewも運営歴が20年と非常に長く、海外FX上級者も好んで利用しているため、いきなり出金拒否・利益没収・資金持ち逃げになるリスクは低いです。

ただ2024年2月以降からTradeviewで保有中の資金移動ができなくなっている事例が確認されています。

他のトレードで得た利益をポジション保有中のスワップ用口座に移動できないかもしれないので、資金移動の仕様はTradeviewサポートデスクに確認しておいたほうがいいでしょう。

Tradeview Xレバレッジ口座の詳細は、英語版Tradeview「Accounts」で確認できます。

Tradeview公式サイトはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXの運用額が100万円以下なら、裁量トレードがおすすめ。トレンド相場ではピラミッディング、レンジ相場ではナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

裁量トレードの始め方はこちら。

運用額が100万円から300万円ほどなら、EA自動売買がおすすめ。エントリー・決済を自動化できるため、FXの収益化が楽になります。

運用EAは無料EA「Grid EA Pro」がおすすめ。MQL5アカウントを持っていれば無料ダウンロードできます。無料グリッドEAの中では収益性・リスクリワードがトップクラスです。

Grid EA Proの使い方はこちら。

運用額が300万円以上なら、スワップアービトラージがおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日数万円の利益を出し続けることができます。

スワップアービトラージのやり方はこちら。

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次