XM 無料VPSサービスの使い方・登録方法まとめ

この記事ではXM 無料VPSサービスについて解説していきます。

XM公式サイトはこちら

目次

XM 無料VPSサービスの基礎知識

無料利用には2つの条件がある

XMの無料VPSサービスを利用するには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 取引口座に1,000ドル以上の残高があること
  • 毎月5.0スタンダードロット以上の取引をしていること

1つ目の条件は達成しやすいはずです。XMはボーナスで証拠金を10万円から20万円に増やしての運用することを想定しており、入金額もちょうどいいです。

厄介なのが2つ目の条件で、毎月5.0ロットの取引をしている必要があります。5.0ロットはやや大きな取引数量で、10pips損するだけでも500ドル(8万円相当)の損失になってしまいます。

VPSの料金相場は月額3,000円前後ですが、その3,000円を節約するために数万円の損失を出しては意味がありません。

ロットノルマ達成方法はスワップアービトラージがおすすめ。KIWAMI口座で5.0ロット、他のブローカーで5.0ロット両建てで保有しておくことで、為替リスクを最小限に抑えながらVPSのロットノルマを達成できます。

XM公式サイトはこちら

ノルマを達成できなければ月28ドルの料金が発生する

XMの無料VPSサービスを利用するには、口座残高とロットノルマを満たす必要があります。2つの条件を満たせなかった場合、毎月28ドルのVPS料金が取引口座から引き落とされます。

2024年7月のレートだと28ドル=4,500円ほどですね。ただ月額4,500円も支払えるなら、WebARENA IndigoさくらのVPSの4GBプランなどもっとコスパの良いVPSサービスを契約した方がいいです。

海外FXの無料VPSサービスに関しては、無料で使えるメリットだけを見るのではなく、ノルマを達成できなかった場合のデメリット・コストも想定しておきましょう。

XM公式サイトはこちら

メモリ(RAM)は2.5GBと低め

XMの無料VPSサービスは、提供プランのメモリが2.5GBとやや低めです。

メモリ(RAM)とは、パソコン内で作業中の情報を保存する領域のこと。これ多ければ多いほどたくさんのことを同時に行えるようになり、動画編集など重い処理をできるようになります。

ソフトウェア版MT4はそれほどメモリを食わないのですが、最近のWindowsOSが2.5GBのメモリを消費します。WindowsOSがクラッシュするリスクを下げるためにもメモリ4GBのプランを使いたいです。

XM無料VPSのメモリは2.5GBと低めなので、WindowsOSの状況によってはクラッシュする可能性が高くなります。デモ口座で軽く練習する分には問題ないですが、リアル口座で本格運用するには心もとないです。

XM公式サイトはこちら

VPS提供元はBeeks FX

XM 無料VPSサービスの提供元はBeeksFXという会社で、現在は「Beeks Financial Cloud」という名称に変わっています。

ただBeeksFXは海外VPSサービスの中でも特に評判が良いわけではありません。会員ページが使いにくかったり、VPSを再起動できなかったり、料金が割高だったりします。(4GBプランが月額53ユーロ/9,200円相当)

BeeksFXは無料だから利用価値があるのであって、有料だとわざわざ契約する必要性はないです。

安定性・サポートの質を重視するなら国内VPSを使ったほうがいいですし、約定速度やコストパフォーマンスを重視するなら別の海外VPSを使ったほうがいいです。

XM公式サイトはこちら

XM 無料VPSサービスの使い方・登録方法

手順1:XM会員ページにログインする

まずはXM会員ページにログインしましょう。XM公式サイトにアクセスし「会員ログイン」をクリック、ログイン画面でログイン情報を入力します。

Screenshot

ログインに必要な情報はこちら。

  • メールアドレスかMT4/MT5口座番号
  • 対応したログインパスワード

忘れてしまった場合、会員ログインページでパスワードをリセットすることもできます。

XM公式サイトはこちら

手順2:XM会員ページの「口座」から「VPS」を選択する

会員ログインに成功したら、内部の「口座」タブから「VPS」クリックします。

引用元

XM公式サイトはこちら

手順3:「VPSをリクエストする」をタップする

VPS申請ページが表示されるので「VPSをリクエストする」をクリックします。

引用元

この時無料条件を満たしていれば「無料で利用可能」、そうでなければ有料で月額28ドルの料金がかかることが明記されます。

口座残高が28ドル未満の時は「VPNをリクエストする」ボタンは表示されません。月額料金を徴収できないからですね。残高が足りない場合は、XM会員ページで口座入金を済ませておきましょう。

XM公式サイトはこちら

手順4:メールを確認して、VPSに接続

VPSの登録手続きが完了すると、しばらくしてBeeksFXかVPSの契約完了メールが届きます。

メールにはVPSログインに必要な情報(ユーザ名・ログインパスワード・IPアドレス)が記載されています。大切に保存しておきましょう。

またメールにはRDPファイルと言うものを添付されています。接続デバイスがWindowsOSなら、このファイルはクリックするだけで簡単にVPS接続できます。

macOSの場合はRDPファイルによる接続ができないため、RDPアプリをダウンロード・インストールして、アプリ経由でVPSにログインする必要があります。

RDPアプリは「Microsoft Remote Desktop」がおすすめ。マイクロソフト純正なので動作が安定しやすいです。(iOS版ダウンロードAndroid版ダウンロードmacOS版ダウンロード

XM公式サイトはこちら

おすすめ月額有料VPS

EA自動売買で本格的に利益を出したいなら、XMの無料VPSサービスより月額有料VPSの方がおすすめ。

毎月5.0ロットの取引ノルマを気にする必要がありませんし、メモリ(RAM)も4GBと余裕があるためWindowsOSがクラッシュしにくいです。

おすすめの月額有料VPSはこちら。

VPSサービス名称月額料金推奨プラン
WebARENA Indigo3,410円(税込)4GB
さくらのVPS4,730円(税込)4GB
CONTABO17.48ドル(2,400円相当)8GB

安定性を重視するならWebARENA Indigo、2週間の無料お試しから始めるならさくらのVPS、英語対応が可能でコストパフォーマンスを重視するならCONTABOがおすすめ。

注意点として、国内VPSは約定速度が遅めで、スキャEAや超高速売買だと利益を出しにくくなることがあります。超高速売買をするならサーバーが海外にある海外VPSを使いましょう。

XM公式サイトはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXの運用額が100万円以下なら、裁量トレードがおすすめ。トレンド相場ではピラミッディング、レンジ相場ではナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

裁量トレードの始め方はこちら。

運用額が100万円から300万円ほどなら、EA自動売買がおすすめ。エントリー・決済を自動化できるため、FXの収益化が楽になります。

運用EAは無料EA「Grid EA Pro」がおすすめ。MQL5アカウントを持っていれば無料ダウンロードできます。無料グリッドEAの中では収益性・リスクリワードがトップクラスです。

Grid EA Proの使い方はこちら。

運用額が300万円以上なら、スワップアービトラージがおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日数万円の利益を出し続けることができます。

スワップアービトラージのやり方はこちら。

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次