EAの入手方法・獲得方法まとめ

この記事ではEAの入手方法・獲得方法をまとめておきます。

目次

その1:当サイトの無料ソースコードをコンパイルする

EA界隈は詐欺・誇大広告が多いので、まずは無料EAから始めましょう。

当サイトでは2つのEAソースコードを公開しています。これらのソースコードをMT4メタエディターにコピペしてコンパイルすれば、無料かつ口座縛りなしでEA運用を始められます。

無料EAトレードロジック入手方法
Grid Freeマーチンゲールソースコードをコンパイル
Gotobi Free仲値アノマリーソースコードをコンパイル

1つ目のGrid Freeはグリッド・マーチンゲールEAです。マーチンゲールEAは破綻リスクが高いとされていますが、ボラティリティの低いオセアニア系通貨ペア(AUDCADなど)にて、長期トレンドに逆らわないようにすれば破綻リスクを低く抑えられます。

グリッド間隔は30pips、ロット増加率は前回ポジションの1.5倍、利確は加重平均15pipsに設定しています。これらのパラメーターは実際に安定した利益を出しているマーチンゲールEA「StablePro AudCadWaka Waka EA」を参考にしています。(Grid Freeの使い方

2つ目のGotobi Freeはゴトー日の仲値アノマリーEAです。仲値とは金融機関がFX取引をするときの基準レートのこと。日本時間9時55分に発表されます。発表直前はUSDJPYチャートが上昇し、その直後から数時間後は下降する傾向があります。

特にゴトー日(5・10の付く日)はその傾向がさらに強くなるため、仲値トレードをゴトー日だけに絞ることで期待値の高いトレードができるようになります。(Gotobi Freeの使い方

マーチンゲールEA・仲値アノマリーEAは、EAの中でも特に期待値の高いトレードロジックとされています。まずはこれら2つの無料EAから試してみるといいでしょう。

その2:MQL5の無料EAをダウンロードする

EAはMQL5でも無料で入手できます。MQL5はメタトレーダーの開発会社「Metaquotes」が運営しているFX向けの総合プラットフォームです。

MQL5でアカウント登録をしておけば、そこで提供されている無料EAをダウンロードできます。無料配布EA(IB登録EA)のような口座縛りもないため、デモ口座で運用したり、2つ以上のリアル口座で同時運用したりもできます。(MQL5の無料EA一覧

MQL5の無料EAでおすすめなのは「Dark Venus」ですね。高頻度のマーチンゲールEAで、運用を開始した日に利益を出すことができます。ただしグリッド間隔が5pipsと非常に狭いため、トレンド相場ではあっさりと破綻します。必ずデモ口座で運用しましょう。(Dark Venusの使い方

MQL5では他にもたくさんの無料EAをダウンロードできますが、その多くはデフォルト運用だと安定した利益を出せません。無料EAで利益を出したいなら、自力でパラメータを調整する必要があります。

こういったパラメーターの調整が面倒なら、先ほど紹介したGrid FreeGotobi Freeを使った方がいいでしょう。どちらも期待値の高いトレードができるようパラメーターを固定しています。

その3:EA販売プラットフォームで購入する

有料EAはEA販売プラットフォームで購入できます。有料EAの販売者はEA開発のモチベーションが高いため、収益性の高いEAを見つけやすいです。

EA販売プラットフォームの代表例はこちら。

EA販売サイト価格相場口座縛り対応プラットフォーム
GogoJungle2万円から3万円ありMT4
LET’S REAL1万円から25,000円ありMT4
MQL550ドルから1,000ドルなしMT4・MT5

使いやすさ・信頼性を重視するならGogoJungleを、コストパフォーマンスを重視するならLET’S REALを使いましょう。ただしどちらも購入したEAには口座縛りがされており、リアル口座1つでしか運用できません。(GogoJungleのおすすめEA

一方MQL5のEAは口座縛りがされていませんし、30ドルや50ドル位でコストパフォーマンスの高いEAが売られていたりもします。ただフォワード成績の公開が義務付けられていないため、バックテスト詐欺も多いです。(MQL5のおすすめEA

有料EAを購入するのは、無料EAに慣れてからでも遅くはないでしょう。

その4:IB契約により無料配布EAを入手する

海外FXのアフィリエイト(IB契約)を利用することで無料配布EAを入手することもできます。

希望者はEA開発者の海外FXアフィリエイトリンクを経由して口座開設をすることで、開発者から無料でEAを配布してもらえます。ただし配布EAはIB契約したリアル口座でしか運用できず、デモ口座や他の口座では運用できません。

無料配布EAで評判がいいのは鈴木商店さんの「金鳥Mark4」ですね。ハイリスクなゴールドのマーチンゲールEAですが、過去2年間のリカバリーファクターが4.1と非常に高く、一般的なゴールドEAと比べると破綻リスクは低めです。

2023年12月現在、鈴木商店さんのウェブサイトは閉鎖しています。暴力団幹部が海外FXアフィリエイト(IB)の件で逮捕されており、タイミング的にその影響かと思われます。(詳細記事へ

また重要な経済市場の直前・直後はエントリーしない機能もあるため、破綻リスクはさらに低くなります。トレードロジックも詳しく説明しており、ドローダウンも詳細に検証しているため、EA開発者の中では良心的な方でしょう。(金鳥Mark4の配布ページ

無料配布EAは海外FXアフィリエイトで荒稼ぎしたい人が多いため、詐欺・誇大広告が非常に多いです。この手のEAを使うときは、トレードロジックや運用リスクをきちんと調べておきましょう。

その5:クラックサイトから無料入手する

倫理観や道徳心が痛まないなら、クラックサイトから無料EAを入手することもできます。

クラックとは、コンピューターネットワークに侵入してプログラムを破壊・改ざんすること。EAの世界ではサーバーに侵入してEAをデコンパイル・コピーすることを指します。

高収益EAの需要は非常に大きく、1,000ドルや10,000ドル以上で売られていることが多いです。そうしたEAをクラック・コピーして再販売したり、IB契約で無料提供したり、リンク付近に海外FXのアフィリエイトリンクを貼ったりして収益を得るわけですね。

EAクラックサイトの代表例はこちら。

  • FX PROSYSTEMS.com:バックテスト画像が多く、高収益EAを探しやすい
  • ForeXCracked:バックテスト画像が少なめ
  • Not And Or:EAの種類が豊富。ダウンロード時に強めの警告が入る

クラックEAはバックテスト成績・フォワード運用成績を公開していないことが多く、EAの収益性・リスクなどは自力で検証する必要があります。またパソコンのOS・WebブラウザによってはEAがコンピューターウイルス扱いされることもあるため、ITリテラシーの高い上級者向けの入手方法となります。

またクラックサイトは広告の掲載量が非常に多く、サイトを閲覧しにくいです。WebブラウザにuBlock Originなどのアドブロックをインストールし、それでも消えないなら左クリック「要素指定」で非表示にしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXの運用額が100万円以下なら、裁量トレードがおすすめ。トレンド相場ではピラミッディング、レンジ相場ではナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

裁量トレードの始め方はこちら。(XMで始める/AXIORYで始める/Tradeviewで始める

運用額が100万円から300万円ほどなら、EA自動売買がおすすめ。エントリー・決済を自動化できるため、FXの収益化が楽になります。

運用EAは無料EA「Grid EA Pro」がおすすめ。MQL5アカウントを持っていれば無料ダウンロードできます。無料グリッドEAの中では収益性・リスクリワードがトップクラスです。

Grid EA Proの使い方はこちら。(XMで始める/AXIORYで始める/Tradeviewで始める

運用額が300万円以上なら、スワップアービトラージがおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日数万円の利益を出し続けることができます。

スワップアービトラージのやり方はこちら。(XMで始める/AXIORYで始める/Tradeviewで始める

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次